フォームブリッジのはじめ方

  1. こちらより無料お試しの申込みをします。(すでにトライアル中の方は不要です)
  2. メール「Form Bridgeの環境をご用意致しました」というタイトルでメールが届きます。画像内の線で囲まれた部分をクリックします。
  3. パスワードの設定パスワードの設定を行ないます。
  4. kintoneのURLフォームブリッジと接続を行うkintoneのURLを指定します。
    登録情報を管理するkintoneアプリもあらかじめ作成しておきます。
  5. 新規フォームを作成トップページから+の部分をクリックし、新規フォームを作成します。
  6. 目的のフォームフォームを作成します。目的が明確であれば、「目的のフォームをつくる」から進みます。それぞれの用途に最適な設定項目を順に表示します。 ここでは「はじめから作成」の手順を説明します。
  7. URLとAPIkintoneアプリのURLとAPIトークンを登録します。APIトークンは「レコード追加」のアクセス権が必要です。cybozu.comにBasic認証を設定している場合は、この画面で認証情報を入力します。

    ※APIトークンの生成に関してはこちらをご覧ください。
    ※フォームブリッジはクライアント証明書を用いた認証に対応しておりません。cybozu.comにおいて、IPアドレス制限をしている場合は、フォームブリッジのIPアドレス「52.193.190.109」を許可してください。

  8. フォームの編集フォームの編集を行います。
  9. フィールドの設定「フィールドの設定」へ進み、お客様に対して表示したくないフィールドを削除します。最後に画面最下部の「保存」ボタンをクリックします。
  10. フォーム情報を適用「編集完了して更新」ボタンをクリックし、「反映する」をクリックして編集したフォーム情報を適用します。
  11. フォームを公開「公開する」ボタンを押し、フォームを公開します。
  12. フォームを確認「公開中のフォームを見る」ボタンをクリックし、公開したフォームを確認します。
    以上で、基本的なフォーム作成の手順は完了となります。