フォームブリッジ

基本機能の紹介

2タイプのフォーム出力機能

  • 回答フォームを表示するURLの出力

    登録フォームを表示するURLの出力フォームにアクセスするためのURLを生成します。HPにリンクを置いたり、メールでそのまま案内することによって、お客様にそのまま回答してもらうことが可能です。
  • Iframe用の埋め込みコードの出力

    Iframe用の埋め込みコードの出力HP内のHTMLに埋め込むIframe用のコードを生成します。既に存在する自社HP内に埋め込むことができるので、新たなページを作成する必要無く、お問い合わせを受け付けることが可能です。
  • フォーム調整機能

    フォーム調整機能

    回答フォームに、回答の注意点などの説明や、罫線などをつけることができます。回答していただく順番等も入れ替えることができます。
    また、フォームの横並びレイアウトにも対応しております。

  • エラー通知機能

    エラー通知機能

    kintone接続のエラー等により、登録できなかった内容を管理者に通知します。回答してもらったデータが漏れてしまうことを防ぎます。

  • 登録エラーログ保持機能

    登録エラーログ保持機能

    登録に失敗したログを確認することが可能です。

  • 登録エラー時自動リトライ機能

    登録エラー時自動リトライ機能

    登録に失敗した際、自動的に再登録を行います。ですので、kintoneのメンテナンス時や障害時にも、回答を受け付けることが可能です。

  • 自動返信メール機能

    自動返信メール機能

    回答したお客様に対して、自動的にメールを返信することが可能です。

  • ステップフォーム機能

    ステップフォーム機能

    複数ページに渡るフォームを作成することが可能です。入力項目の多い申込みフォームやwebテストにもご利用いただけます。

  • 条件分岐機能

    条件分岐機能

    回答によって、その後表示される設問を自動的に変えることが可能です。

  • 複数アプリへの登録機能

    複数アプリへの登録機能

    複数へのkintoneアプリへデータ登録が可能です。

  • 公開期間の設定機能

    公開期間の設定機能

    フォームを公開する期間を設定可能です。

  • 回答数制限機能

    回答数制限機能

    フォームに対して、予め回答上限数を設定することが可能です。

  • 回答時認証制限機能

    回答時認証制限機能

    フォームにアクセスする際に、ID/パスワードを必須とする設定が可能です。

  • IPアドレス制限機能

    IPアドレス制限機能

    フォームにアクセスできるIPアドレスを制限することが可能です。

  • カスタマイズ機能

    カスタマイズ機能

    フォームに対して独自のjavaScript/CSSを設定することが可能です。

無料お試しの申込み 有償申込み